Wizardryという世界

ウィザードリィと聞いてもピンとくる人は少ないかもしれない。

やはりドラクエやファイナルファンタジーと比べれば知名度も低いし、何よりその性質から派手なCGや演出には向かないし、冒険ロマンや恋愛要素もないゲーム。

ただダンジョンに潜ってフラグを回収しつつ、宝箱を罠と格闘しながらひたすら開いていって、装備を充実させていくだけのゲームといえば、確かにそうだ。

戦闘もひたすらテキストを読んでいくだけ。敵グラフィックは動かないし何も話しかけてこない(笑)

はっきり断言しよう。Wizardryは想像と妄想のゲームだ。

テキストを読みながら自分なりの世界を妄想していく。グラフィックで描かれないだけにその情景を想像して楽しむ。かなりマニアックな遊びだともいえるが、毒茸はあえてそれこそが最高の知性の遊び場なんだ、と暴言を吐こう。

そして、ウィザードリィには最大最悪の特徴がある。それは。

キャラがロストする恐怖

である。ドラクエやFFではキャラがロストするのはバッテリーバックアップのバッテリーが切れるかソフトの故障くらいのもんだが、WIZの世界では普通にロストする。レベル99だろうがロストする。年齢もとるので老体になるとステータスが下がってロストする。

なんなら最強モンスターを一撃で駆逐するような最強メンバー6人で探索していても、石の中に飛ばされれば6つのお墓が立っている無慈悲な画面で6人が丸々ロストする。

この理不尽さとプレイヤーの絶望を餌に人気を得てきたのがこのゲームなのだ。

ちなみに後々紹介するがこのためにWIZプレイヤーはリセット技なるものを多用する。ロストした瞬間リセット(強制タスク終了)である。しかし、これとてメッセージ設定が自動送りになっていたり、一瞬でも別のところをタッチしたりボタン操作するともう終わりであることから、そのロストへの恐怖は常に背中合わせである。

おまけにドラクエ3で言えば、アリアハンの町を出たレベル1の勇者がある建物に入った瞬間に落とし穴に落ちてアレフガルドのゾーマの城の中層に叩き込まれる、的な理不尽な罠がWIZでは常備されている(笑)

だからこそ燃える。だからこそ楽しい。それがウィザードリィなのだ。

さぁ。皆様。ぜひ楽しんで行ってくださいまし♪


Dr.Kのスマホゲーム×スロット攻略

ライター毒茸ことDr.Kが愛するゲームを攻略していきます。またスロットの解析情報や打ち方楽しみ方なども随時UPしていきます。ぜひぜひごゆっくり観てってくんなし♪

0コメント

  • 1000 / 1000